1. TOP
  2. お出掛け情報
  3. 東海地方のレンタルカート場一覧

東海地方のレンタルカート場一覧

静岡県を含む東海地方にあるレンタルカート場を、各都道府県別に地図とともに整理しました!

お住いの近くにあるレンタルカート場を探してみてください。

中部・東海のレンタルカート場全体図

東海地方のレンタルカート場は、数が豊富にそろっているだけでなくバリエーション豊か。さすが自動車メーカーやその関連会社のお膝元です。

オーソドックスなカート場から本格的なレースが行えるようなサーキット。そして鈴鹿サーキット内のファンカートまで選り取り見取りです。

市街地から割と近くにも点在しているのも便利なポイントですね。

それでは、各府県ごとに詳細に見ていってみましょう。

愛知県内のレンタルカート場

石野サーキット

愛知県は豊田市にある本格的なカート向けサーキット。全長786mという長いストレート有、低速・高速コーナーとバランスよく楽しめるサーキット。

レンタルカートは22:00までとナイター営業もやっていて、平日夜にも行けそうで嬉しいですね。

レンタルカート車両はCRG社の『CENTURION レンタルカート』。 あまり見かけない車両ですが、ペダル調節やLEDブレーキランプ、カウルの造りなどイマドキでかっこいい一台です。

小学3年生以上、身長130cm以上から乗ることができるジュニアカートもあり、こちらも同じCRG社製のもの。

その他にも二人乗りカートや3歳から乗れる電動カートなどと非常に充実。家族みんなで楽しめるサーキットです!

>>石野サーキットの公式サイトはこちら

美浜サーキット

知多郡美浜町にある本格的なサーキット。レンタルカートはもちろん、ミニバイクやジムカーナも開催できる大きなコースです。

レーシングカートのコースは全長1,000mにも及ぶ高速コース。レンタルカート向けもコースも600m、400mの2パターン設定があります。長く回り込むコーナーがあるのでなかなか難しそうですね。

レンタルカート車両はオーソドックスなBIREL社のN35。ライセンス制度でステップアップすればより速いカートに乗ることもできますよ。

しっかりと乗って練習したい人にもおススメなカート場です。

>>美浜サーキットの公式サイトはこちら

しんしろカートコース

新城市にあるカートコース。旧『新城ロードパーク』から2018/4よりリニューアルしました。

ミニバイクやカートの持込み走行とレンタルカートがあります。レンタルの車体は、レース用スリックタイヤシャシにヤマハ200cc 4st エンジンという、本格派。

コースは全長470mと比較的コンパクトですが、ややマニアックに遊べそうなサーキットです。

>>しんしろカートコースの公式サイトはこちら

りんくうシーサイドサーキット

中部国際空港セントレアのすぐ近くの『イオンモール常滑』内にあるレンタルカート場が『りんくうシーサイドサーキット』です。

大型ショッピングセンターと併設しているのは家族連れにとっては大変ありがたいですよね。土日など貴重な休日を効率よく使えるし、口実として家族にも説明しやすいし。

ショッピングセンター内といってもサーキットの内容は本格的。全長600m、ストレート長130mは、通常のレンタルカート場と変わりありません。ヘアピンが多めですが、その分ブレーキ練習になりそうなコースです。

車体はスタイリッシュなSodi社のもので270ccのホンダGX270エンジン搭載。女性・ジュニアカートは小学2年生、120cm以上で160ccのGX160です。さらに小さな子供向けのキッズカートや二人乗りカートもあります。

ショッピングセンター内というとお値段高めなのでは…と思うかもしれませんが、一般的な料金体系で安心。回数券が充実しているため、休日たまに行けるということであれば活用したいところですね。

>>りんくうシーサイドサーキットの公式サイトはこちら

三重県のレンタルカート場

カートランド三重

松田次生や伊藤大輔も育った歴史あるカートコー ス。津市の伊勢自動車道沿いで津ICのほど近くにあります。

残念ながらレンタルカートはやられてないため、カートショップ『HARADAカートサービス』などでレンタルする必要があります。

>>カートランド三重の公式サイトはこちら

レインボースポーツ カートコース

桑名市にあるレンタルカートコース。東名阪自動車道の桑名ICから7、8分と名古屋市街地からもアクセスしやすい立地が魅力です。

コースはテクニカルながら多くのレイアウトバリエーションが楽しめるように工夫されている他、東コースと西コースの2つが用意されています。

会員登録でだいぶ料金が下がるため、年会費を払ってでもペイできる可能性があります。鈴鹿サーキットなど提携サーキットも多いため、継続的に行けそうであれば会員登録を活用したいところですね。

>>レインボースポーツ カートコースの公式サイトはこちら

鈴鹿サーキット アドバンスカート

知らない人はいないであろうF1も開催される国際サーキット『鈴鹿サーキット』。

鈴鹿サーキットにあるテーマパーク『モートピア』内のモータースポーツ体験テーマにしたGPフィールドというエリアにてレンタルカートを楽します。

このレンタルカートコース『アドバンスカート』では、いわゆる遊園地のゴーカートとは違います。モータースポーツとしてのレンタルカートが楽しめてしまいます。コース規模は大きいとまではいきませんが、かなりテクニカルなレイアウト。

規定タイムをクリアすると200ccから270ccエンジンにクラスアップできます。

ただし、身長が140cm以上から。大人は当然乗れますが、子供だと小学校は高学年くらいにならないと乗れないかも。140cm未満の場合には後述のレーシングカートの方で楽しめます。

>>アドバンスカートの公式サイトはこちら

鈴鹿サーキット コチラレーシングカート

同じく鈴鹿サーキットの『モートピア』内にあるカートコース。

身長140cm以下から乗れる車体は最高速度が30km/h程度に抑えられているため、はじめてでも比較的安心して遊ばせることができます。

コースレイアウトもアドバンスカートに比べると易しめ。価格も1回7周700円と非常にリーズナブルです。

初めてのカート体験としてはとてもおススメです。

>>コチラレーシングカートの公式サイトはこちら

岐阜県のレンタルカート場

フェスティカサーキット瑞浪

中央自動車道沿いの瑞浪市にあるレンタルカートサーキット。

東海中心部からすると少し奥まった場所に位置しますが、その分コース全長1177m、最大ストレート長は145mという大型のコースレイアウトが魅力。それもそのはず、全日本カート選手権が行われるような本格的なカートコースなんです。

レンタルカートの車体は非常に多くのラインナップがあり、ステップアップすれば実に様々なレーシングカートに乗ることができます。一方でキッズカートや二人乗りといったファンカートはありません。さすが本格派。

>>フェスティカサーキット瑞浪の公式サイトはこちら

津保川カートランド

公式サイトがないようで情報が定かではないのですが、ネット上の情報によるとレンタルカートはやっていないそう。持込1日2,000円という格安感ですが、事前申し込みが必要とのこと。

きっちりと整備されているという感じでもないので、色々と玄人向けですねw

静岡県のレンタルカート場

クイック浜名

浜松市にあるレンタルカートコース。21:00まで営業しているのが嬉しいですね。

コースレイアウトが毎日2パターンに変化する点が特徴的。フルコースで走るテクニカルコースと、インフィールドをカットしたハイスピードコースです。

車体は基本はビレルの200ccとオーソドックス。ジュニアカートはSodi社でスタイリッシュ。ライセンスカートでステップアップできるのはもちろん、なんとミッションカートまで…!

二人乗りカートもユニークです。左右に乗る二人乗りカートはたまに見かけますが、なんと前後に二人乗りする「タンデムカート」もあるんです。ロングホイルベースのカートの乗り味は非常に気になりますね。

>>クイック浜名の公式サイトはこちら

オートパラダイス御殿場

駿東郡小山町、御殿場にあるレーシングカートコース。富士スピードウェイのすぐ近くです。

全日本カート選手権が行われるような本格的なサーキットで、時期によってハイスピードとテクニカルの二つのレイアウトが楽しめます。

レンタルカートも扱っていて身長150cm以上であったり、二人乗りカートが楽しめます。キッズ向けは土日祝日のAM8:00-9:00で開催。しかしながら本格的サーキットなだけにレース開催日も多いため、事前に公式ページでスケジュールなど確認しておくのが良さそうです。

>>オートパラダイス御殿場の公式サイトはこちら

つま恋カートコース

掛川市にあるリゾート施設『つま恋リゾート 彩の郷』(旧 ヤマハリゾートつま恋)の中にあるカートコースです。

リゾート施設内にあるというだけで、実際は国際格式のレースも行えるような本格的なサーキット。しかしながらレンタルはやっていません。。

>>つま恋カートコースの公式サイトはこちら

富士宮白糸スピードランド

富士宮にあるカートやバイクのサーキット。こちらもレンタルカートはやっていません。

>>富士宮白糸スピードランドの公式サイトはこちら

まとめ

東海4県のレンタルカートに乗れるサーキットをご紹介してきました。

規模の大小も様々、乗れるカートも各所様々ですし、気軽に行ける場所というのも重要ですよね。

じっくり選んで、ぜひお気に入りのサーキットを見つけてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • 子供の電動EV!電動乗用カーは車好きの子供にとっての夢のおもちゃ!

  • 足こぎで子供が乗れるおもちゃ、ペダルカー6選!

  • キッズ電動カートを初体験!お台場MEGA WEBのE-KART RIDE口コミ

  • 東北のレンタルカート場一覧

  • ホットウィールにホンダの新旧人気車種登場!ホンダ70周年記念

  • ミニ四駆入門!初心者親子のミニ四駆のはじめ方