1. TOP
  2. ファミリーカー情報
  3. セレナ NISMO/AUTECHの比較と変更点のまとめ

セレナ NISMO/AUTECHの比較と変更点のまとめ

国内最高峰のモータースポーツである「SUPER GT」で活躍するNISMO。

そして、日産自動車の特装車を手掛けるオーテックジャパン。

これらのブランドがチューニングを施したスペシャルなセレナが「セレナNISMO」「セレナAUTECH」です。

今やセレナのイメージを牽引していると言っても過言ではないこの2台、ノーマルモデルとどう違うのでしょうか。ここでは、さまざまな視点からこれらの魅力に迫ってみたいと思います。

エンジン、駆動系

まずは、エンジンや駆動系について見ていくことにしましょう。

結論から言うと、スペック上これらのモデルは馬力やトルクの数値はノーマルとまったく変わりありません。しかしそこはスペシャルモデル。独自の「味付け」をおこなっています。

それは一体どこなのか?

答えは「NISMO/AUTECH専用セッティングコンピューター」です。ノーマルと比較して鋭い加速感を目指した仕様となっており、まさに「意のまま」にコントロールできるフィーリングを実現している点は注目に値します。

さらにNISMOとAUTECH SPORTS SPECには、専用スポーツマフラーを装備。内部構造に手が加えられ、先ほどの専用セッティングコンピューターと相まってさらにスポーティな走りと雰囲気をドライバーに与えるのにひと役買っています。

ボディ、足回り

今回取り上げるふたつのモデルでもっともノーマルと異なるのは、ボディやサスペンションです。特に注目すべきはボディワークで、補強をおこなうことによってミニバンにありがちな「ねじれ」に対する弱さを克服しています。これはドライバーにとってダイレクトな操作感が得られるのはもちろんですが、同乗者にとってもクルマのふらつきが少なくなるので快適な移動が楽しめるという点でも見逃せません。補強が加えられているのは、以下の9点です(NISMO/AUTECHともに補強内容は共通)。

フロントクロスバー
フロントサスペンションメンバーステー

センタークロスバー
センターサブメンバー
センターサブメンバーブラケット
センターアンダーブレース

リヤクロスバー
リヤサブメンバー
リヤサブメンバーサポート

足回りに関しては、NISMOとAUTECHで異なるアプローチを取っています。

まずはNISMOですが、その名のとおりスポーティな特性となっているのが特徴です。「キビキビさ」と「快適性」という相反する要素を両立させた専用セッティングのサスペンションに、ハイグリップ+高剛性を誇る「ブリヂストン・ポテンザ Adrenalin RE003」をセットアップ。的確なハンドリングとGT性能を提供しています。

いっぽうAUTECHは、安定性に重点を置いたセッティング。専用装着タイヤ「ミシュラン・パイロット SPORT4」による高い静粛性も特徴で、質の高い乗り心地はまさにAUTECHを名乗るにふさわしいと言えます。

そして足回りのセッティングで忘れてはならないのが、専用のパワーステアリングです。おもに高速域での操作性を向上させることにより、高い安心感と意のままの走りを獲得。「ホット」にも「クール」にもなる、優れた運転特性を持ちあわせています。

実際に両車を運転してみるとノーマルよりも明らかに振動が減少しており、走り始めから補強の効果をすぐに実感することができるのがポイントです。特にコーナリングにおいてはサスペンションの強化も相まって、高い剛性感と路面の正確なトレース性を実現。また専用パワーステアリングもナチュラルな特性で、ストレスを感じないスムーズなドライビングに貢献しています。

両車のキャラクターの違いが明らかに顕れるのがタイヤで、 NISMOは「路面を捉えて離さない、正確無比なハンドリング」を最優先 とした印象がありました。では、AUTECHはどうかと言うと「 どのようなシチュエーションでも快適に、疲れにくいドライブが愉しめるオールラウンダー 」と表現できます。

エクステリア

クルマは見た目も重要なポイント。今回取り上げる2台はどうでしょうか。

まずNISMOはこれまでのNISMOシリーズ(GT-R NISMO、ノートNISMOなど)の流儀に沿った、ダイナミックなデザインのエアロパーツ類がひときわ目を引きます。もちろんこれは見た目のインパクトのみを狙ったものではなく、NISMOがこれまでのモータースポーツ活動で培った技術が惜しみなく投入されている点に注目です。クルマを空気の力で押し付ける、いわゆる「ダウンフォース」を増大させて安定感を増すセッティングとなっています。

そしてAUTECHは、エレガントなドレスアップを施しているのが特徴です。専用設計のフロントグリルやプロテクター、リアバンパーなどでノーマルと差別化。ぐんと質感をアップさせ、オーナーに所有する喜びを与える仕上がりになっています。

インテリア

さてインテリアに目を向けてみると、こちらも当然ながらノーマルとは趣の異なる仕上がりとなっています。

では、NISMOから見ていくことにしましょう。アグレッシブなエクステリア同様、インテリアも細部にわたりレッドの差し色が入っているのがひときわ目を引きます。乗り込んだ瞬間からわかる「ただ者ではない」存在感、と表現すれば伝わりやすいでしょうか。特にメーター周りのフィニッシャーやステアリングセンターマーキングは、ドライバーに高揚感を与えてくれます。

また インパネにあしらわれたスエード調のパッドもまるでレーシングマシンのような雰囲気を醸し出しており、このクルマのキャラクターを示すのにひと役買っているのもポイント です。

一方のAUTECHはどうでしょうか。

こちらももちろん専用のインテリアデザインとなっており、エクステリアとの調和が取れた上質な空間を演出。シート形状自体はノーマルと変わりありませんが表皮がキルティング状に処理され、柔らかな肌触りがプレミアム感を一層引き立てます。NISMOのレッドに対しAUTECHのテーマカラーはブルーということで、シートやステアリングのステッチなどにこのテーマカラーがアクセントとして添えられているのも特徴です。

これだけでもかなりのこだわりぶりですが、 このクルマの本物志向はさらに細部にまで行き渡っています。 

たとえば、シフトレバー左横に貼り付けられた「AUTECH」のエンブレム。サイズは小振りながら、文字をかたどったメッキプレートの上からブルーの樹脂を乗せて立体感と精密感を演出しています。こういった細かい工夫も、オーナーの所有欲をくすぐることは言うまでもありません。

メーカーオプションにも両社のコンセプトの違いが現れています。NISMOはNISMO専用にチューニングされたRECAROシートが選べる一方、AUTECHでは本革シートを選ぶことができます。RECAROシートでは、シートバックに付くポケット、テーブル、USB電源ソケットが使えないこと。そして、SRSサイドエアバッグも装着されません。この点は注意しておきたいですね。

長年のモータースポーツ活動による膨大なデータをフィードバックし「走りをあきらめないミニバン」を目指したNISMOと、そのブランドの出自からクルマ好きの「こだわり」や「わがまま」を大切にしたAUTECH。仕上がりはまったく違いますが、どちらもものづくりに対するパッションにあふれたクルマになっているのは乗り込んだ瞬間から感じ取れます。

専用装備・オプション

ここまで記したとおり、NISMOとAUTECHはノーマルモデルとはひと味違うことはお分かり頂けたと思います。では、これらのモデルを特別なものとしている専用装備を見てみましょう。

セレナNISMO 主な専用装備

カテゴリ 主な専用装備
エクステリア LEDハイパーデイライト
サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー
フロントグリル
エンブレム
フロントバンパー
サイドシルプロテクター
リアバンパー
専用タイヤ&ホイール
インテリア 本革&アルカンターラ巻ステアリング
スエード調ドアトリム
スエード調インストパネル
スエード調シート
性能 ボディ補強
専用スプリング&ショックアブソーバー
リア強化スタビライザ―
専用チューニングコンピューター&スポーツチューンドマフラー
専用VDC

 

セレナAUTECH 主な専用装備

カテゴリ 主な専用装備
エクステリア LEDリアコンビネーションランプ
サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー
フロントグリル
エンブレム
フロントバンパー
サイドシルプロテクター
リアバンパー
専用タイヤ&ホイール
インテリア 本革巻ステアリング
スエード調ドアトリム
スエード調インストパネル
クリスタルスエードシート
性能 ※ “SPORTS SPEC”グレードのみに設定

ボディ補強
専用スプリング&ショックアブソーバー
リア強化スタビライザ―
専用チューニングコンピューター
専用マフラー&テールフィニッシャー
専用VDC

また、用途に合わせたオプションパーツも用意されています。

NISMOではメーカーオプションでスポーツシートの代名詞であるレカロ製シートが選択できるほか、アラウンドビューモニターをはじめとする安全装備が充実した「NISMOセーフティパック」がラインナップ。またディーラーオプションで、専用のドアミラーカバーやラゲッジマットなどもチョイス可能です。

一方AUTECHはメーカーオプションとして専用本革インテリアが選べる(AUTECH SPORTS SPEC、AUTECH Safety Packageの4WD車)ほか、ディーラーオプションにて専用のフロアカーペットやエントランスプレート、ピラーガーニッシュなどが販売されています。

価格

最後に、車両本体価格をチェックしておきましょう。NISMOはワングレード展開となっており、 AUTECHは5種類のバリエーションが設定されています。 

カテゴリ グレード 主な専用装備
セレナNISMO 3,419,280円
セレナAUTECH ベース仕様 2,985,120円(4WD車は3,218,400円)
Vパッケージ 3,111,480円(4WD車は3,344,760円)
セーフティパッケージ 3,318,840円(4WD車は3,512,160円)
スポーツスペック 3,567,240円
e-POWER AUTECH 3,821,040円

 

まとめ

モータスポーツフィールドの最先端で技術を磨いた「NISMO」と、長年にわたるカスタムカー造りであらゆるノウハウを蓄積してきた「AUTECH」。両ブランドがセレナという「素材」の長所を活かしつつ、独自の世界観を築き上げていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

得てしてミニバンは面白みのないジャンルとして捉えられがちですが、今回取り上げた2台は良い意味で期待を裏切る仕上がりとなっています。クルマ選びに、個性というスパイスを。妥協を決して許さない、本物だけが放つ輝きを知る大人たちにおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • セレナNISMO、ステップワゴンModuloX、ノア/ヴォクシーGRを比較!

  • フリード モデューロXの変更点まとめ

  • セレナe-POWERと標準車の違いをまとめました

  • 日産セレナの実燃費がイマイチ!?実燃費のライバル比較と燃費の伸びない理由について解説

  • セレナ e-Powerをステップワゴン、ノア/ヴォクシーと比較!

  • NISMOセレナの試乗レポート!記事も動画もまとめてみました