1. TOP
  2. ファミリーカー情報
  3. セレナe-POWERと標準車の違いをまとめました

セレナe-POWERと標準車の違いをまとめました

2018年3月の発売以来、話題を独占し続けている日産・セレナe-POWER。当サイトをご覧になっている皆様の中にも、とても気になっているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、このセレナe-POWERについて詳しく迫っていきます。

標準車との違いについても記載していますので「どちらにしよう?」と悩んでいる方も必見ですよ。

エクステリア

まずはエクステリアから見ていきましょう。

標準車との大きな違いと言えるのが、フロントグリルにあしらわれたブルーのカラーアクセントです。これは先にデビューしたノートe-POWERの流れを汲むもので、先進性や環境性能の高さをアピールしています。

ちなみに上級グレードとなるハイウェイスターにはこのラインが2本入っており、普及グレードと容易に識別が可能です。

後ろに回ってみると、こちらも標準車との違いが出る部分があります。たとえばLEDリアコンビネーションランプはe-POWER専用デザインとなっており、LEDの存在感を強く押し出すことでこちらもフロント同様先進性を表現しているのです。

しかし開発者の方のこだわりがもっとも出ていると感じられる部分は、リアサイドスポイラーやアルミホイールのデザインでしょう。とりわけホイールはエアロ形状となっており、リアサイドスポイラーや床下に配置されたエンジンアンダーカバーとの組み合わせによって3%の空気抵抗削減を実現。安定した走りに寄与します。

インテリア

インテリアについては端的に表現するならば「機能性」を追求したレイアウトとなっているのが特徴的です。ドライバーがよく使う機能はステアリングスイッチに集約され、いちいち手を伸ばさなくても操作できる点は評価できます。

そしてエクステリアと同様に感じ取れるのが「先進性」。先述したステアリングスイッチもそうですが、電制シフトや多くのスイッチ類がすっきりと並べられており「未来感」をうまく演出しています。

インパネには7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイが装備され、エネルギーフローやバッテリー残量をひと目で確認することが可能です。

乗車定員は7名。標準車に装備される特徴的なスマートマルチセンターシートは設定されておらず、2列目はキャプテンシートとなります。「XV」と「ハイウェイスターV」には横スライドと超ロングスライドも備わり、多彩なアレンジが可能です。

なおシート生地ですが、標準車と同様に普及グレードは織物/トリコット、ハイウェイスター系はグラデーション織物/合成皮革となっています。

また収納に関してはほぼ標準車と同様に十分スペースが確保されていますが、専用装備として運転席と助手席の間にトレーを配置。これはバッテリーの搭載の都合から床が盛り上がるのを逆に利用したもので、ウォークスルーも可能で手回り品が楽に置ける絶妙なサイズと高さに仕上がっています。

荷室

結論から言ってしまうと、セレナはe-POWERであっても標準車と変わらない荷室のスペースが確保されています。これはバッテリーなど、電動化に必要なパーツがおもにフロント部に集約して搭載されている点が要因です。

このため、クラストップレベルと言われる荷室はさまざまなシーンで活躍することは間違いないでしょう。

フル乗車時の荷室寸法は、高さが1,220mm、奥行きが500mm。3列目を跳ね上げて収納すれば、幅930mm、奥行き1,200mmのラゲッジスペースを作ることが可能です。さらに2列目を格納すれば最大奥行きは1,770mmとなり、自転車も楽に積むことができます。また2列目左右シートの間であれば長尺物も収まるので、スキー板などを置くのにも便利。可能性が広がります。

そしてラゲッジの床や側面には、フックを装備。ロープやネットなどを張ることができ、しっかりと荷物を固定してくれます。収納スペースはこれだけでなく、床下にもアンダーボックスが用意されています。ちょうどゴルフバッグが収まるほどの容量で、フックでカバーを跳ね上げたまま使うことも可能です。

燃費

たくさんの人を乗せて走る機会の多いミニバン、当然気になってくるのが燃費性能です。

セレナe-POWERは後述するまったく新しいシステムの採用により、従来のスマートシンプルハイブリッド仕様に比べて大幅な燃費向上が図られています。

数値としては、スマートシンプルハイブリッド仕様の17.2km/lに対してe-POWERは26.2km/l。どちらもクラストップレベルの低燃費を誇りますが、やはりe-POWERが頭ひとつ抜けている印象が強いです。

もちろんこれはシステムによるものも大きいですが、先述したようにエクステリアの改良というところも関わっているのは見逃せません。

動力性能

セレナe-POWERが標準車ともっとも違う部分は、やはり動力性能などのメカニズムにあります。

このクルマは分類上「シリーズハイブリッド」と呼ばれるものになり、簡単に言ってしまえば「発電所を持った電気自動車」です。電気自動車のように充電スペースを気にすることなく、ガソリンがある限りはスムーズな走りを愉しむことができます。

エンジンはあくまでも発電専用でアクセルと直結していないため常に燃焼効率の良いポイントで使うことができ、これが無駄な燃料消費を抑える最大のポイントです。

実際にエンジンの力で直接タイヤを駆動させるのに比べ、エンジンの効率は1.5倍も高まったというデータがあります。このエンジンで作られた電気にてタイヤを動かしているので、乗ったフィーリングは電気自動車そのもの。静かで力強いフィーリングとなっています。

「発電所」の役割を果たすエンジンは、先にノートe-POWERで採用されたHR12DE型。発電用に高圧縮比(12.0)化やミラーサイクル化がなされ、ノートより重量がかさむため最高出力を5PSアップ(84PS)させているのが特徴です。

さらにエンジンと同様モーターやバッテリー、それを制御するインバーターにも手が加えられており、ノートe-POWERと比較した場合では出力が20%、トルクが30%ほどアップしています。

機能性

セレナと言えば、やはり快適な運転をサポートする「プロパイロット」に注目が集まるのではないでしょうか。フロントウィンドウに設置されたカメラで車線や前走するクルマを検知し、高速道路ではアクセルやブレーキ、ステアリング操作をおこなってドライバーの疲労を軽減してくれる非常に便利な機能です。

もちろんセレナe-POWERにも用意されますが、全車にオプション設定となっていることに注意しましょう。

一方、消費電力の少ないLEDヘッドランプやオートスライドドアなど人気の高いアイテムは「XV」「ハイウェイスターV」に標準装備。価格も抑えめになっているので、こだわりのある方はこちらを狙ってみると良いでしょう。

価格

最後に、価格をチェックしておきましょう。主要なグレードを標準車とe-POWERを並べて下表にまとめました。

グレード 標準車 e-POWER
X 2,489,400円 2,968,920円
XV 2,674,080円 3,128,760円
ハイウェイスター 2,678,400円 3,178,440円
ハイウェイスターV 2,934,360円 3,404,160円

V(セレクション)というのは、主に豪華装備を付加したグレード。2列目の横スライドとロングスライド、3列目の前後スライドに始まり、日産純正ナビの取り付けキット(アンテナ類やハンドルリモコン等)、両側電動スライドなど様々機能追加があります。

ハイウェイスターはエアロ付きのモデルで、ハイウェイスターの”V”にはLEDヘッドランプが付くので目つきに違いが出るところは要チェック。

e-POWERによる値上げ分はおおむね50万円程度。ここまでご紹介してきた専用装備や燃費差、静粛性やゆとりのトルクをどう評価するかで、50万円が高いか安いか考え方が分かれると思います。

ライバルとして挙げられるのはトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアやホンダ・ステップワゴンといったところで、たとえばヴォクシーであれば「ハイブリッドZS(3,269,160円)」、ステップワゴンならば「スパーダハイブリッドG Honda SENSING(3,350,160円)」といったあたりが直接の競合相手となってくるでしょう。

どちらも使い勝手が良く人気も実力もありますが、燃費やシートアレンジの多様性などという面ではやはり後発のセレナe-POWERに軍配が上がります。

仮にe-POWERハイウェイスターVでナビ付けた乗り出し価格で考えると400万円前後。後席モニターやプロパイロットを付けていくと450万円程度にまで上がります。Lクラスミニバンのレンジに入ってくるため、アルファードの廉価グレードと比較するという手もあります。

まとめ

ミニバンが本来持っている高い機能性はそのままに「電動化」という新しい概念を加えた、セレナe-POWER。

ドライバーがダイレクトな走りを愉しめるのはもちろんですが、何より静かであるということはパッセンジャーにもこれまで味わったことのない快適さをもたらしてくれます。まさに「新しいファミリーカーの理想形」と言うべきでしょう。

まずはぜひ一度乗ってみて、体感してみるのをおすすめします。

下取りは一括査定サイトの活用がポイント!

ディーラーで30万円で提示された車が、買取業者では80万円になることも。

私が乗っていた不人気車ですら、ディーラーで3万円の査定額が、5倍以上の16万円で買取してもらうことができました。

買取業者は買取りが仕事。買取そのもの、買取価格に対する熱意、が違うのが印象的でした。

ディーラーで下取りに出すとしても、市場価格を知らないで交渉するのはただの損ですよね。

そもそも一括査定サービスは無料。損をしないためのひと手間。保険みたいなものと捉えてみてはいかがでしょうか。


そんな私が実際に使ったのは『楽天オート
大手会社の安心感、成約でもらえる1,500ポイントで決めました!


楽天オート公式サイトはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • 日産セレナのトランクの使い勝手!荷室の広さや小物収納を調べて整理しました

  • シエンタハイブリッドの燃費はさすがの実力!実燃費まとめとライバル比較しました

  • セレナ NISMO/AUTECHの比較と変更点のまとめ

  • 日産セレナの実燃費がイマイチ!?実燃費のライバル比較と燃費の伸びない理由について解説

  • 2代目フリードの新ハイブリッドの実力はどう?実燃費まとめとライバル比較

  • NISMOセレナの試乗レポート!記事も動画もまとめてみました