1. TOP
  2. お役立ち
  3. ユーカーパックってどう便利なのか実際に調べてみた

ユーカーパックってどう便利なのか実際に調べてみた

 2017/09/27 お役立ち  

ユーカーパックは、今までの車一括査定とは違うと新しいサービスだと宣伝されています。

しかし、具体的にどのように嬉しいサービスなのか、メリットやデメリット、などがパッと頭に浮かびませんよね。今回はユーカーパックを実際に利用した私が具体的なポイントを整理してみました。

本記事を読めばユーカーパックの気になるポイントがわかります!

ユーカーパックとは

ユーカーパックとは、中古車買取業者やオークション業者をスッ飛ばして、売り手と買い手(中古車販売業者)を直接結ぶサービス。

ユーカーパックの提携店で査定を受けたら2,000社(2017年9月時点)が会員となっているネットオークションへ掛けられます。

オークション形式だから金額に納得がいくし、間にユーカーパックが入ってくれるから安心と手間なしであることが売り文句です。

ユーカーパックを選ぶ理由

私にとっては「携帯にかかってくる営業電話をなるべく避けたい!」というのが1番の動機でした。

自動車買取の一括見積もりがお得なのは分かりますが、数十社からの電話がガツガツかかってくるのはシンドいものがあります。これは一度「引っ越し業者の一括見積もり」をやってみたときに経験済みで、各業者は一刻も早く見積もって商談をまとめようと必死に電話を掛けてきます。

忙しい仕事中にも関わらず、ガシガシ電話がかかってこられるのは非常に厄介だし面倒。

こちらとしては価格を提示してもらった上で、1番いい値をつけてくれたところと話をつけたいところですから、訪問販売のように攻め立てられるのは勘弁して頂きたいです。

その点、ユーカーパックは提携店で一度見積もりをしてもらって、オークションに出すシステム。見積もりする人が買う人と違うので、営業トークに攻め立てられる関係になく安心して見積もってもらえます。

一体全体わかりやすいのか

ここまでは、ユーカーパックの宣伝文句のような話ですね。

見積もってもらって、希望落札価格を決めて、そこから大変じゃないのかって不安があります。ヤフオクなどのネットオークションみたいな手間は避けたい。。

その手間はユーカーパックがどうも代行してくれるみたい。

まず写真。写真は見積もりのときに、業者がとってくれるので手間なしです。車体の程度などの売る車の詳細情報も、もちろん査定結果からこちらで用意する必要はありません。ただし、お得度合いのアピールポイントは自分で補足できるみたいですよ。

心配なのはもう一点、「納得できる値段がオークションでつけられなかったときにどうなるか?」ではないでしょうか。この点は、査定のときに最低落札価格を相談してきめられるそうで、その価格に届かない場合は取引を断ることができます。逆に最低落札価格を超えた場合には、取引を断ることができないため、注意が必要ですね。

どれくらいの期間が必要か

オークションがあるということは、査定から売却までに時間がかかりそうですよね。つまり、売りたい日にクルマを持ち込んでもその日に完結することはできません。計画的に行動する必要がありそうです。

どう考えるべきか実際にユーカーパックへ問い合わせをしてみました。

査定が終われば、その査定日から「10日~2週間でクルマを引渡す」ことになります。売りたい期限から2週間以上を空けて査定日を設定しておく必要があるとのことでした。

具体例として私のケースで考えてみます。

現在のクルマが11月いっぱいで車検が切れます。次のクルマが12月か1月になりそうなので、車検が切れるギリギリまで乗っておきたいんですよね。

この場合、11月初旬から中旬までに査定を終わらせておくと十分間に合うようです。ただし、査定が希望日に行えない可能性があるため、先に査定の予約だけでもしておくと安心とのこと。

実際の査定はどこでおこなうんだろう

査定は最寄りのガソリンスタンドなどの提携店舗か、近くにない場合は出張査定になるみたいです。

提携ガソリンスタンドはこのページから郵便番号で調べることができます

私は川崎市在住ですが、最寄はクルマで20分位のところにありました。場合によっては、査定員が出張対応してくれるようです。時間は3,40分を見込んでいるようですから、ディーラー下取りの査定と別段違いはなさそう。

一体どこで儲けているんだ?

ユーカーパックは、サービス使用料は完全無料です。売買成約後の手数料などもありません。ヤフオクなんかは出品・落札にそれぞれ3,000円など「売り手側に手数料がかかる」みたいですね。(2017年9月調べ)

査定するガソリンスタンドや出張査定員にも成功報酬を支払っているようです。(金額もホームページから調べられますw )

どうやって儲けているんだろうって思いますよねw 健全なビジネスじゃないと使用する側としても不安ですもんね。

考えてみれば当たり前ですが、買い手側から手数料をもらっています。しかも固定費用の発生しない完全成功報酬制。従来の中古車のオークションもそれはそれでオークションの使用料はかかったみたいですから、買い取り業者にとってみても損はないシステム。いわゆる「中抜き」と「IT化」で、買い手と売り手双方にうれしいサービスを作りあげたということです。

実際高値がつくの?

まだまだ実際問題として高値で買い取ってくれるのか?という疑問が残りますよね。

調べてみたろ、これは正直マチマチみたいですね。上述の通り中抜きしている分高値が付くケースが多いことを期待できますが、買取側の値付けに依存するので保障はできません。

一括買取サービスやその他買取店舗に持ち込んだ方が高値がつくこともあるようです。

どうしても高値が良い場合は、当然一括買取も同時に行うべきでしょう。しかし、一括買取では「会社ごとに査定を受けて→商談をして」を何社も何社も繰り返します。

正直ちょっとシンドイことは目に見えていますよねぇ。。

手間を避ければ、ディーラー下取りの見積とユーカーパック。

売値重視ならば、さらに一括買取査定を加えるというのが売り手としては効率的な選択肢と言えそうです。

まとめ

ユーカーパックは、楽にクルマをオークションに掛けられるサービスだということがわかりました。

査定の回数はユーカーパックの提携店との1社1回だけ。

入札までには、電話対応も査定日の調整等の1回だけ。

こちらの手間は少なくて済みますし、希望落札価格(売り切り金額)を設定すれば安値で売られてしまう心配もありません。他の買取サービスと組み合わせても手間は少なくて済みますね。

デメリットは売却までに時間が必要なこと。2週間ちょっとは余裕をみたいところです。一括査定にはさほど時間が必要ないですから、ユーカーパックの方で一度トライしてみるのも良いかと思いますよ。

ユーカーパックの公式サイトはこちらから

>>https://ucarpac.com/

具体的に一度見てみてはいかがでしょうか!

 

 

下取りは一括査定サイトの活用がポイント!

ディーラーで30万円で提示された車が、買取業者では80万円になることも。

私が乗っていた不人気車ですら、ディーラーで3万円の査定額が、5倍以上の16万円で買取してもらうことができました。

買取業者は買取りが仕事。買取そのもの、買取価格に対する熱意、が違うのが印象的でした。

ディーラーで下取りに出すとしても、市場価格を知らないで交渉するのはただの損ですよね。

そもそも一括査定サービスは無料。損をしないためのひと手間。保険みたいなものと捉えてみてはいかがでしょうか。


そんな私が実際に使ったのは『楽天オート
大手会社の安心感、成約でもらえる1,500ポイントで決めました!


楽天オート公式サイトはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • 簡単、安心、お得!私が楽天オートで一括査定を依頼した理由

  • 車一括査定サイトのおすすめランキング【口コミや評判あり】

  • 車を一括査定してから売却するまでの流れ

  • 車一括査定サイトをキャンペーンで比較!

  • 車一括査定サイトを利用する前に押さえておきたいメリット

  • 私の不人気車を下取り価格の5倍で買ってもらった話