1. TOP
  2. ファミリーカー情報
  3. 日本車3列シートSUV一覧

日本車3列シートSUV一覧

日本メーカーで選べる6~7人乗りの3列シートSUVを一挙にリストアップしました!

車種紹介だけでなく、サイズや排気量・出力、価格などのトピック別の比較も掲載。今後発売が予定されているニューモデルから近年モデル落ちした車種までピックアップします。

2017年にマツダの3列シートSUV、CX-8が発売されたことをきっかけに改めて注目されている本ジャンル。ざっと眺めてみてみましょう!

3列シートSUVトピック別比較

価格比較

3列シートSUVといっても価格帯はピンキリですが、250万円台から始まるMクラス、ザックリ400万越えが売れ筋のLクラス、そしてレクサスの高級SUVと分かれて見てみると理解しやすいかと思います。マツダのCX-8はMとLの中間に近いですね。

Mサイズミニバンも200万円台のスターティングプライスに対して、ハイブリッドやエアロの高付加価値なグレードを選ぶと乗り出し400万円前後します。この金額と比較すると3列シートSUVの価格感が掴めるのではないでしょうか。

モデル 価格
エクストレイル 2,621,600-3,187,800
アウトランダー 2,538,000-3,284,000
ヴァンガード 2,532,000-3,461,000
クロスオーバー7  2,754,000-2,760,000
CX-8  3,196,800-4,190,400
ランドクルーザープラド  3,538,080-5,363,280
パジェロ 3,277,800-4,951,800
ランドクルーザー 4,728,240-6,836,400
RX450hL  7,690,000
LX570 11,150,000

排気量・出力・トルク比較

Mクラスが2L直4、Lクラスはディーゼルターボもしくは3.0L越えの多気筒ガソリンモデルが中心になっています。

レクサス勢は独自路線といった感じですが、3列シートSUVでハイブリッドを探そうとするとRX450hLだけということになります。エクストレイルやアウトランダーのハイブリッドモデルは2列シート限定。電池を搭載スペースが厳しいんでしょうね。

車種 エンジン形式 最大出力
(KW(PS)/rpm)
最大トルク
(N・m(kgf・m)/rpm)
変速機
エクストレイル 2L直4直噴 108(147)/6,000 207(21.1)/4,400 CVT
アウトランダー 2L直4 110(150)/6,000 190(19.4)/4,200 CVT
2.4L直4 124(169)/4,200 220(22.4)/4,200 CVT
ヴァンガード 2.4L直4 125(170)/6,000 224(22.8)/4,000 CVT
3.5L V6  206(280)/6,200 344(35.1)/4,700 5速AT
クロスオーバー7 2L水平対向4  127(173)/5,600 235(24.0)/4,100 CVT
 CX-8 2.2L 直4直噴
ディーゼルターボ
140(190)/4,500 450(45.9)/2,000 6速AT
ランドクルーザー
プラド
2.7L 直4 120(163)/5,200 246(25.1)/3,900 6速AT
2.8L 直4直噴
ディーゼルターボ
130(177)/3,400 450(45.9)/1,600-2,400 6速AT
パジェロ 3.0LV6 131(178)/5,250 261(26.6)/4,000 5速AT
3.2L直4直噴
ディーゼルターボ
140(190)/3,500 441(450)/2,000 5速AT
ランドクルーザー 4.6LV8 234(318)/5,600 460(46.9)/3,400 6速AT
RX450hL 3.5LV6 +
前後モーター
エンジン:
193(262)/6,000Fモーター:
123(167)Rモーター:
50(68)
 エンジン:
335(34.2)4,600Fモーター:
335(34.2)Rモーター:
139(14.2)
 LX570 5.7L V8 277(377)/5,600 534(54.5)/3,200  8速AT

サイズ比較

もはや5ナンバーサイズは存在しないですね。全幅が1,800mm超えばかり。ランクルは2mですから、駐車場を選ぶであろうことは否めません。

都市部であれば全長も気になるところ。Mサイズミニバンが4.7mであることから考えると、それ以上のものは明確に「長い」と感じることと思います。ランクル以上は全長も5m級ともはやアメリカンなサイズ。

最低地上高は、ベースモデルがミニバンのクロスオーバー7を除いては200mm前後が確保されています。

モデル 全長 全幅 全高 最低地上高
エクストレイル 4,690 1,820 1,730 205
アウトランダー 4,695 1,810 1,710 190
ヴァンガード  4,570 1,855
(2.4L)は1,815
1,690  190
クロスオーバー7  4,780 1,800 1,670 170
CX-8 4,900 1,840 1,730 200
ランドクルーザー
プラド
 4,825 1,885 1,850 220
パジェロ 4,900 1,875 1,870 225
ランドクルーザー  4,950 1,980 1,880 225
RX450hL  5,000 1,895 1,725 200
LX570 5,080 1,980 1,910 225

3列シートSUV車種紹介

日産エクストレイル(T32)

日産の人気SUV。ハイブリッドモデルも揃えるのが特徴ですが、残念ながら3列シートのグレードにはハイブリッドはラインナップされていません。

残念ながら3列目は広いとは言いづらいです。2列目を前にスライドして狭めても大人が3列目に座ると膝が2列目に当たってしまうほど。年に数回短距離で使う、近くに子供を乗せるときだけなど利用シーンで割り切れるか検討してみると良いかと思います。

3列シートのグレードでも「防水ラゲッジ」を選べますし、トランク床下の収納スペースも確保されています。床下収納のフタを開けて使えば、少し背の高い荷物も載ります。小型なストローラーは乗せられてもベビーカーは厳しいか。

三菱アウトランダー

マイナーチェンジで顔つきが締まり人気が上がってきた三菱の中型SUV。三菱の4WDシステムの出来栄えには定評がありますから、雪道や悪路に行く可能性がある方にはうってつけ。

PHEVがよく取り上げられますが、ガソリンモデルにしか3列シートは設定されていません。

エクストレイルと異なり、アウトランダーのガソリンモデルは全て3列シートとなっています。3列目の広さはエクストレイルと煮たり寄ったり。短距離や臨時の子供乗せ、くらいに考えておいた方がよいと思います。

トヨタヴァンガード(2013年販売終了)

海外のRAV4のロング版を元にしたトヨタのSUV。クルーガーの後継機種でもあり、RAV4に比べるとより高級感のある内外装を目指して開発されています。

このクラスでは異色の3.5L V6(280PS!!)を選べることが特徴。横開きのトランクドアは狭い場所での荷物の詰め込みには重宝します。

3列目はエクストレイルと同様にエマージェンシーシートに近いもの。使用頻度や用途を考えて妥協できるか考えてみてください。

スバル エクシーガ クロスオーバー7(2017年販売終了)

スバル初の7シーター「エクシーガ」をクロスオーバーモデルに仕立て直したモデル。水平対向+AWDというスバルお得意の組み合わせを残しつつ、最低地上高を上げたり樹脂製の加飾を施したりしてスタイリッシュなSUVテイストに仕上げられています。

特徴は、アイサイトVer2.0を搭載していることと内装がタン(オレンジに近い色)を基本とするところ。1世代前とはいえアイサイトは今でも高い水準性能を誇っていますし、タンの内装は華やかです。グレード展開も非常にシンプルにまとめられていて、低価格でも標準装備が満載でお得感のある内容も見どころ。

3列目は実用的な広さが確保されており、1列目から階段状に座面位置があがる「シアターレイアウト」と相まって見晴らしの良さも特徴。プリウスαやウィッシュなどのロールーフミニバンのカテゴリとして見ても優れた部類に入ります。

マツダ CX-8

CX-5から展開されてきた次世代ラインナップのSUVの中のトップに位置する3列シートSUV。北米向けCX-9をベースにし、得意のディーゼルエンジンとボディサイズを国内向けに見直したモデルです。

マツダ得意のディーゼルエンジンは厚いトルクとディーゼルとは思えない静粛性が特徴。クラスレスに抑えられた静粛性も相まって長距離の移動を得意とします。i-ACTIVSENSEを搭載し、最高ランクの自動ブレーキ性能(全車標準)と全車速追従クルーズコントロール+レーンキープアシストを備えます。

3列目はクロスオーバー7と同様に実用的な広さを備え、身長170cm程度の大人がしっかり座れます。3列シートSUVの中ではトップクラスの居住性と言えます。

トヨタ ランドクルーザープラド(150系)

言わずと知れたトヨタの旗艦SUVランドクルーザーのライトデューティーモデルとしてデビューしたプラド。街での使用にも適した乗用車と本格クロカンのいいとこどりのようなモデルですが、卓越したオフロード性能は健在。本格クロカンの証ともいえるラダーフレーム採用で、乗用車ベースのSUVとは一線を画します。欧州ではプラドではなく「ランドクルーザー」として売られているという事実にも納得。

現行の150系と呼ばれる4代目になってから2017年に2度目のマイナーチェンジを実施。初期からすると度々の改良を経て、V6 の廃止、ディーゼルの導入、フェイスリフトと様々変化しています。走りの装備にしても、内装にしてもかなり充実した装備が選べることもミドルクラスSUVとは各の違いを感じるところです。

一方で3列目シートは補助席的と言わざるを得ません。大人だと片道30分程度が限度かもと評価されており、小柄な方や子供などうまく席を配分する必要があります。3列目の使用頻度を踏まえて検討したいですね。特徴的な3列目シートの電動格納機能は評判も高いですよ。

三菱 パジェロ

もはや三菱自動車の顔とでも言うべき本格クロカンのパジェロ。4代目にあたる現行モデルは2006年にデビューし10年以上にもなるロングライフなモデルです。

当然のようにラダーフレームを装備して電子制御の4WDシステムを搭載します。一方、悪路走破時の電子制御4WDの機能ではランクル勢の方がハイテクなものを備えていますね。

3列目はランドクルーザーと同じく緊急用的な造りですが、パジェロロングの方がさらに簡素です。トランクルームへの収まりの良さの方が優先されています。ランクルと同様に使用頻度がかなり低い方向けと言わざるを得ません。

トヨタ ランドクルーザー(200系)

トヨタの最上級SUVといえばランドクルーザー。歴代モデルが国内外で根強い人気を誇っているトヨタSUV旗艦モデルです。現行の200系で9代目という歴史ある車種で、80系あたりから高い悪路走破性に加えて豪華な内装や装備をもつ高級SUVとして地位を築いてきました。

V8のハイオク仕様という豪華なエンジンは320PS、47kgf・mにも迫る強烈なパワーの持ち主。その出力をしっかりと受け止めるシャーシはラダーフレーム。さらに悪路走破性に優れた電子制御4WDシステムを持ち、歴代のランドクルーザーの何恥じないクロカンとしての性能があります。

3列目はやはり緊急用のような簡易的なシート。座面とフロアの間隔が狭いため、体操座りのような着座姿勢になります。プラドと異なるのはその幅広さを活かした8人乗り仕様であること。正直窮屈ではあるでしょうが、乗れるということに意味があるユーザーもいることと思います。3列目は電動格納式で跳ね上げまで自動で行います。一方、展開時に背もたれを起こすのはなぜか手動です。。

レクサス RX450hL

2017年末に追加されたミドルクラス2列シートSUVのRx450hのロングバージョンに当たるのがRX450hL。ホイルベースはそのままにリアオーバーハングを110mm延長して3列シート化されています。パッと見450hと見た目の変化がわからないように非常に工夫されていますが、自動車評論家によっては取ってつけて感を気にする声も。

特徴的なのはパワートレーン。トヨタお得意のハイブリッドが設定されていますが、実はハイブリッドを選ぶことができる3列シートSUVってRX450hLだけなんですよね(執筆時点)。前後独立したモーターのAWDに3.5L V6エンジンが組み合わされるため、燃費重視のハイブリッドとはまた違った胸のすくような走りが標榜されています。

3列目は、大人が座るにはフロアが高すぎて膝周りの余裕はないため、子供用・緊急用の域を出ません。一方で、あまり気にならないという声も実際に耳にしましたので、実車でチェックしてみるのも良いかと思います。

レクサス LX570

ベースの高級SUVランドクルーザーに、フロントフェイス、エンジン、内装などあらゆるものうブラッシュアップしたレクサスの旗艦SUV。堂々の1,000万円超のモデルです。

エンジンが強烈でV8 5.7Lから377psを絞りだします!組み合わされるトランスミッションもランドクルーザーと差別かされたレクラスらしい8速多段AT。前後の車高調整機構などランクルをさらに発展させた機能がてんこ盛り!さすが高級車といった内容です。

3列目の広さはランクルと同じ。シートの質感などは当然異なりますが、広さに変化はありません。こちらも緊急用として割り切る必要がありそうです。

まとめ

今回の記事では国内メーカーの3列シートSUVに絞って、現行モデルおよび近年まで販売していた車種を一覧でご紹介しました。

3列目の実用的な広さとすると、クロスオーバー7とCX-8が他車種に差を付けているように思います。3列目を緊急用と割り切れる場合には、どれを選んでもそれぞれに魅力的な車種ばかりですね。

2018年にはCR-Vに3列シートが追加されて日本向けが登場する予定です。

イチオシ記事!!

自動車雑誌に掛けるお金、損しているかも?

たった毎月1冊買うお金で何冊も読める方法があるのにもったいない!

ということで、私も使っている雑誌読み放題サービス、どれがベストか比較しました。

知っておいて損なし!
>> 雑誌読み放題サービス比較!クルマ好きへのおススメはどれ?


\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • 輸入車3列シートSUV一覧

  • 新型CR-Vとエクストレイル、アウトランダーを比較!三列シートSUVとしての評価は?