1. TOP
  2. ニュース
  3. 激化するミニバンのハイブリッドモデル燃費競争

激化するミニバンのハイブリッドモデル燃費競争

 2017/10/22 ニュース  

2017年10月のステップワゴンのマイナーチェンジで、待望のハイブリッドモデルが追加されましたよね。

ミニバンの各カテゴリでハイブリッドモデルが出揃ってきて燃費競争は激化の一途を辿っています。

>>ステップワゴンの燃費比較記事

まぁ、ぶっちゃけ燃費の水準が全体的に上がってきて、ガソリンモデル同士、ハイブリッドモデル同士の燃費差は少なく、あまり気にならなくなっているなというのが本音です。

ホンダのi-MMDもトヨタのTHS-IIも熟成されてきて、どちらも24, 5km/lと高い水準。年内かもと噂されていたセレナe-Powerも加わればミドルサイズミニバンはハイブリッドだらけです。

兼ねてから噂されていたデリカD:5のフルモデルチェンジでは、PHEVをラインナップすると噂されていますから、ラージ、ミドル、ミニミニとどの層にもハイブリッド車が多くを占めることに。

>>デリカD:5のフルモデルチェンジの話

ハイブリッド車でもアクセルレスポンスの良さなど、「運転の楽しさ」でもアピールをはじめました。

それだけでなく、ハイブリッド車は回生ブレーキやEVモードなどテクニカルな面白さもあります。

クルマ好きのあなたも毛嫌い無用でハイブリッド車を選べる時代になりましたね。

では!

下取りは一括査定サイトの活用がポイント!

ディーラーで30万円で提示された車が、買取業者では80万円になることも。

私が乗っていた不人気車ですら、ディーラーで3万円の査定額が、5倍以上の16万円で買取してもらうことができました。

買取業者は買取りが仕事。買取そのもの、買取価格に対する熱意、が違うのが印象的でした。

ディーラーで下取りに出すとしても、市場価格を知らないで交渉するのはただの損ですよね。

そもそも一括査定サービスは無料。損をしないためのひと手間。保険みたいなものと捉えてみてはいかがでしょうか。


そんな私が実際に使ったのは『楽天オート
大手会社の安心感、成約でもらえる1,500ポイントで決めました!


楽天オート公式サイトはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

ファミリードライブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファミリードライブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こんな記事も書いてます

  • ミニ四駆で2018年ル・マン優勝車のトヨタ「TS050 HYBRID」が発売決定!

  • セレナ e-Powerは最後発ハイブリッドMサイズミニバンとしてどう戦うのか

  • セレナが仕様向上!安全装備充実とVセレクションⅡについて詳細解説します

  • CX-8リコール情報「エンジンが始動できなくなるおそれ」

  • 映画『OVER DRIVE』は、クルマ好きの子供にもおすすめの映画!

  • ホットウィールにホンダの新旧人気車種登場!ホンダ70周年記念